2.キャラをつかまえよう

条件分岐(じょうけんぶんき)をつかって

キャラをつかまえるゲームをつくろう!

(保護者・指導者用の解説)

1.順次実行:プログラムの基本は、命令(ブロック)を上から下にならべることです。コンピューターは、命令を 上から下に順番に実行します。

2.繰り返し(ループ):同じことを繰り返す場合は、「ずっと」ブロックや「繰り返す(くりかえす)」ブロックをつかいます。コンピューターは、おなじことを くりかえすのが とくいです。

3.条件分岐:条件によっていつもとは異なる処理を行うときは「もし ~ なら」ブロックをつかいます。これを条件分岐 といいます。

本時のめあて:「条件分岐」の使い方をマスターし、それをゲーム作成に応用します。

時間割:

1時間目13:30開始

  • メインセッション1(15分)
    • 13:30 - 13:35 開始の挨拶
    • 13:35 - 13:45 ビデオ1
  • ブレイクアウトセッション1(30分 休憩含む
    • 13:45 - 14:05 基本演習
    • 14:05 - 14:15 休憩

2時間目14:15開始

  • メインセッション2(10分)
    • 14:15 - 14:20 開始の挨拶
    • 14:20 - 14:25 ビデオ2
  • ブレイクアウトセッション2(30分)
    • 14:25 - 14:55 応用練習
  • メインセッションまとめ (5分)
    • 14:55 - 15:00 まとめ&アンケート&ながれ解散
  • 個別質問時間 15:00
    • 15:00 - 15:15 アカウントのトラブルなど
    • 15:15 - 15:30 予備

ビデオ1

  1. 本日の教室の目標説明
    • ボウル・リンゴ・ひよこが動くだけのプロジェクト(キャラをつかまえよう① )を、リンゴやひよこをキャッチするゲームに改造します。(作成例:キャラをつかまえよう②
    • これにより、条件分岐の概念と、4つのブロックの使い方をマスターします。
  2. 順次実行、繰り返し、条件分岐とは何かを説明
  3. 「もし Bowl にふれたなら」ブロックの追加方法説明
    • 落ちてくるリンゴをボウルでキャッチして、次のリンゴが出てくる
  4. 「もし 色にふれた なら」ブロックの追加方法説明
    • ボウルがひよこにぶつかると、ひよこが方向を変えて逃げる
  • おちてくるリンゴをボウルでつかまえます。
  • つかまえたら、リンゴがきえて、つぎのリンゴが 上からでてくるようにします。
  • そのために、左のように「もし<Bowl にふれた>なら」ブロックを追加します。
  • ボウルがひよこに触れたら、ひよこが にげる(向きを変える)ようにします。
  • そのために、左のように「もし<いろにふれた>なら」ブロックを追加します。
  • (たまに、ボウルとヒヨコが中々離れずに、変な動きになりますが、ご愛敬。適当にごまかします。)

基本演習

  1. スクラッチにサインインできるひとは、サインインを済ませていることを確認します。
  2. 各生徒に「キャラをつかまえよう①」プロジェクトを開いてもらいます
  3. プロジェクトを改造して、「もし Bowl にふれたなら」「もし 色にふれた なら」ブロックの使い方を演習します。

休憩は確実にとりましょう。それでも時間があまったら、応用演習の内容をやりましょう。

ビデオ2

「もし~なら」ブロックと、それに関連するブロックの動作をくわしく説明します。

  1. 「もし~なら」ブロック
  2. 「もし~なら、そうでなければ」ブロック
  3. 「~までまつ」ブロック
  4. 「~までくりかえす」ブロック

動画に使用したパワポとスクラッチ

条件分岐4ブロックの動作説明:

PPT: https://drive.google.com/open?id=1HQYrFoQx0yG4Cfeb6NFrHPdl7wgGXsB9

もし~ならブロックの動作確認用スクラッチプロジェクト:https://scratch.mit.edu/projects/390908712/

応用演習

  • 音をならしてみよう
  • 色をかえてみよう
  • うごきをランダムにかえてみよう
  • スプライトをかえてみよう
  • 4つのブロックを、つかってみよう


作成例:

キャラをつかまえよう② https://scratch.mit.edu/projects/390197638/