Glowscript VPython 入門

Glowscript VPython で使えるオブジェクトや関数を説明します。

3Dオブジェクト

下は、Glowscript VPython で使える3Dオブジェクトの一覧です。

pos(ポジション)

位置(いち)は、pos = vec(x,y,z)で指定します。

color(カラー)

カラーは、3通りの指定方法があります。

obj.color = vec(R,G,B) # R=赤,G=緑,B=青。それぞれ 0~1のあいだ

obj.color = color.色名 # 10色 red, yellow, black, green, orange, white, blue, cyan, purple, magenta

obj.color = color.hsv_to_rgb(vec(H,S,V)) # H=いろ,S=あざやかさ,V=あかるさ。それぞれ 0~1のあいだ(Scratchの色指定は0~100)

opacity(オパシティ)不透明度(ふとうめいど)

obj.opacity = 0.5 # 0~1のあいだの数。0は透明。

size(サイズ)

サイズ(大きさ)は、posと同じように、vec(x,y,z)で指定します。

x=横はば, y=高さ, z=奥行きです。

obj.size = vec(50,30,50) # サイズ=vec(x,y,z)

回転

オブジェクトの中にある関数を、格好よく「メソッド」とよびます。

box オブジェクトには、 rotate(ローテイト) というメソッドがあります。 オブジェクトを回転(かいてん)します。

まわす角度はラジアンで指定します。360度は pi * 2 です。pi は3.14です。

obj.rotate(angle=a, # まわす角度をラジアンで指定。1回転は pi * 2

axis=vec(x, y, z), # 回転軸の方向

origin=vec(x, y, z))# 回転軸の原点

テクスチャ

オブジェクトの表面に、画像を貼る事ができます。

※あらかじめ画像ファイルを、j-code.orgのさくひんページにアップロードしておく必要があります。

シーンとライトとカメラ

3Dグラフィックスを描く画面、ライト、カメラなど、シーンをコントロールします。