Micro:bit 詳細

Micro:bitをプログラミング

Micro:bit の表面で利用するボタンや端子を説明しています。

MackeCode for micro:bit

プログラミング画面の説明をしています。

URLを Chrome ブラウザで開くと、プログラミング画面が表示されます。

アイコンを表示してみよう

プログラミング画面になれるための練習です。

ブロックをドラック&ドロップで作成し、[ダウンロード]ボタンで、Micro:bitに転送します。

プログラミング内容を変更する度に、[ダウンロード]ボタンで、Micro:bitに転送します。


狙い

プログラミングに必要が操作を学びます。

電光掲示板に文字をだそう

プログラミング画面になれるための練習です。

「ボタン Aを押す」アクションに対する結果として、「自分の名前が表示」されます。


狙い

プログラミングは、能動的に動くことを学びます。

「サイコロ」をつくろう

プログラミング画面になれるための練習です。

「Micro:bitを揺さぶる」と、「1から6までの数字が表示」されます。まるで、サイコロと同じ。

プログラミングにより、Micro:bitがサイコロに変身します。

実際に、サイコロの代わりに利用して、ゲームをするのも面白いです。

揺さぶり方には、コツがいります。このコツを発見させ、みんなで教えあうと、盛り上がります。


狙い

プログラミングにより、道具に変化することを学びます。

スピーカーで、音をならそう

「Micro:bitを傾ける」と、「音や音楽が流れ」ます。まるで、楽器のよう。

プログラミングにより、Micro:bit が楽器に変身します。

お気に入りの曲をプログラミングして、テンションを上げましょう。


狙い

プログラミングにより、道具に変化することを学びます。

「じゃんけん」をしよう

「Micro:bitを揺さぶる」と、「グー あるいは チョキ あるいは パーのいずれかが表示」されます。

サイコロと同じアクションですが、プログラミングにより、他の道具になります。


狙い

上から下に実行されていく、条件により流れを変えることができる。

変数と条件を利用すると、複雑な処理が可能で、じゃんけんもできるようになる。

プログラミングは、細かな手順を組み合わせて、意味のある動作を行うことを学びます。

変数の作りかた

数や文字を入れておく箱が、変数です。何の箱かわかるように、名前を付けます。

名前を使って、数や文字を入れたり、出したりできます。


狙い

記憶というプログラミングに大切なxxを学びます。


つないだLEDを光らせよう

ボタン B を押すと、LEDが2秒間ひかり、消えます。


狙い

プログラミングで、Micro:bit の外に影響を与えることができることを学びます。

明るさを調べよう

手をかざして、「Micro:bitに影を付ける」と、「グラフが小さく」なる。

棒グラフのブロックがどこにあるか分かり辛いです。ブロックを発見させ、みんなで教えあうと、盛り上がります。

街灯が、暗くなると付き、明るくなると消える仕組みがプログラミングできそうです。


狙い

外部の影響を、Micro:bit へ与えることができることを学ぶ。

エレキ・ギターをつくろう

端子P1, P2 とボタンA を使って、ド・レ・ミの音を出す。


狙い

外からの決まった作用により、決まった動作を行うことを学ぶ


サーボモーターSG90を動かそう

角度を指定すると、サーボモーターが角度にあった位置に動作する。

一時停止は、サーボモーターが指定した角度に動ききるまで、次へ進まないようにするために必要。

一時停止の数字を大きくしたり、小さくしたりして、サーボモーターの動きがどう変わるか試してみる。

大きい数字には、上限がある。時間を延ばしたい場合は、2,3、とブロックを増やす。


狙い

モーターへ作用させると、動きが与えることができることを学ぶ。

動くものは、時間を考える必要があることを学ぶ。


サーボモーターを加速度センサーでうごかす

Micro:bitの傾きに合わせて、サーバーモーターが同様に動く。

まるで、Micro:bitがゲームのコントローラのよう。ロボットアームにも似ている。

Micro:bitを傾けるには、コツが必要です。思い道理に動かすには、どうすればいいか試行錯誤して、みんなに教えあう。


狙い



無線通信

ボタンAを押すと、もう1台の Micro:bitに abc 7 が表示される。


狙い

2台以上のMicro:bit間で、数や文字の受け渡しができることを学ぶ。


無線でサーバーモーターを動かしてみよう

Micro:bitの傾きに合わせて、もう一台のサーバーモーターが同様に動く。

「サーバーモーターを加速度センサーで動かす」と「無線通信」の合わせ技です。

まるで、魔法のようです。遠隔操作の医療ロボットみたい。

プログラミングにより、Micro:bitが遠隔操作のロボットにすることができる。


狙い

遠隔操作のロボットが動く仕組みを学ぶ。


ハートを飛ばし合うゲーム

Micro:bitを揺さぶると、複数台のMicro:bitに同時に情報を送ります。

今までは、1対1の通信でしたが、今回は、1対多の通信です。

高度な内容です。

ハートが飛んでいるように見えますが、実際は、違います。

この違いをプログラミングのブロックから読み解くことがでれば、応用したプログラミングを作ることができます。

後は、アイデアしだい!


狙い

実際の見え方とプログラミングは、違うことがあることを学ぶ。

実現したいことを、どのようにプログラミングで実現できるか、





Micro:bit の裏面で利用するボタンやセンサーを説明しています。